TOP秋葉原地図秋葉原ショップリスト秋葉原ニュース秋葉原掲示板秋葉原書籍リスト

2005年02月13日

不運のターミナル駅 〜 旧万世橋駅跡 〜

万世橋から昌平橋(御茶ノ水方面)を望むと、中央線の高架下にレンガ造りの立派な建造物があります。これはここがかつて万世橋駅だった名残だそうです。 


現在の中央線は、まず初めに明治22年に新宿〜立川間が開業し、その後都心へと路線を延ばす工事を行ったそうです。そして万世橋駅を都心のターミナル駅として明治45年に開業し、この駅を基点としていました。

その後、大正3年に帝都の中央駅として東京駅が開業し、大正8年には中央線も万世橋から東京駅まで延長されました。そして万世橋駅は単なる通過駅になってしまいます。さらに追い討ちをかける様に、万世橋駅舎は関東大震災で火災にあってしまいます。その後再建はされましたが、質素な造りの駅になってしまいました。

昭和11年には交通博物館が移転してきて、万世橋駅ホームとは専用改札にて結ばれていたようです。そして戦時中の昭和18年、不要とみなされ廃止されてしまいました。

中央線で神田〜御茶ノ水間を通る際に、かつてホームがあった跡が見られます。現在はホームはなく、上りと下りの線路の間にホームがあったスペースがあり草が生い茂っています。

さらに万世橋駅は、地下鉄銀座せんにも存在していたようで、こちらは神田駅〜末広町駅間の神田川下を越える工事の間、仮駅として存在していただけのようです。

こちらは痕跡を見ることはできず、かろうじてラオックス本店前の地下鉄換気口から下へ続く階段が見れるとか。地下の駅はそのままなのか、解体したのかは不明だそうです。

少し前には都営バスの万世橋停留所も廃止になっています。万世橋という名の駅、停留所はどれも悲しい運命を辿っています。

地図リンク
■参考サイト
 ・東京の廃駅2/不運の幻の駅
 ・地下鉄 銀座線ストーリー/万世橋の謎




関連おすすめアイテム


東京懐かしの昭和30年代散歩地図 [Book]


写真と地図で読む!帝都東京・地下の謎 [Book]


切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩 古地図ライブラリー別冊 [Book]


古地図・現代図で歩く 昭和30年代東京散歩 古地図ライブラリー (別冊) [Book]




Twitterに投稿
この記事についてTwitterでつぶやく





この記事へのコメント


 
 
 
 
※管理人が承認作業完了後に表示されます。関係ないものや誹謗中傷、内容がふさわしくないと判断したものは削除させていただきます。







秋葉原マップへのリンクはフリーです。
情報は記事作成時点のものですので、現在と違う場合がございます。
秋葉原マップに掲載されている写真の無断転載はご遠慮願います。
文章・画像の著作権は秋葉原マップまたはその提供者に属します。


サイトについて会社概要掲載希望広告掲載

Copyright ©2004-2013 秋葉原マップ株式会社 All Rights Reserved.
■秋葉原マップ表示
地図からお店選んで記事を選択できます。まずは見たいエリアをクリックして下さい。
エリアA −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、PCパーツ・中古PCショップ+メイドカフェが集まるディープゾーン エリアB −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、秋葉原UDXゾーン エリアC −昭和通りと秋葉原クロスフィールドの新開発ゾーン エリアD −大型家電・PCショップの電気街+メイドカフェゾーン エリアE −JR秋葉原駅を中心にラジオセンター、ラジオ会館の電気街口ゾーン エリアF −ヨドバシカメラとJR秋葉原駅の中央改札口〜昭和通り口の繁華街ゾーン
■ブログ内検索
■月別書庫
■秋葉原ショップリンク
■お問い合わせ
秋葉原マップについて

※現在は一時掲載を中断しております。

お問い合わせはメールにて
info@akibamap.net



情報蓄積型レビューコミュニティ zigsow(ジグソー)
ドスパラ
ソフマップ

■スポンサード リンク

■秋葉原関連ガイドブック

秋葉†無双 〜ドキッ★otakuだらけの秋葉原120%活用ガイド〜
妄想美少女三国志『真・恋姫†無双』のキャラクターがアキバの街を紹介

Akiba Days―秋葉原120%活用ガイド
秋葉原を楽しみ尽くすためのスポットを、ジャンル別に280店以上を紹介

るるぶ千代田区神田丸の内秋葉原
江戸情緒を感じる神田や趣味の街・秋葉原のオススメスポットなどを紹介。


その他秋葉原に関連する書籍を網羅したリストはこちら→秋葉原書籍リスト