TOP秋葉原地図秋葉原ショップリスト秋葉原ニュース秋葉原掲示板秋葉原書籍リスト

2006年12月14日

幻の芋『安納芋』を使った焼いも 〜 『伝説のやきいも』の移動販売車 〜

先日、秋葉原駅近くの中央通りを通り掛かった時、駅前の方にオレンジ色の派手な車を見かけ、近くに行ってみました。その車は焼いもの移動販売車でした。「焼いもの車=軽トラ」というイメージの自分には随分ハイカラな焼いも屋さんだなーと感じ、よく見てみるとそこには『伝説のやきいも』と書かれていました。

↑の大きな画像はこちら

この車を見たのは、中央通りから秋葉原駅西口広場のダイビルの方に抜ける道の途中、献血ルームの斜め前辺りの路上でした。お話しを伺うと、夜は時々この場所で営業しているとのこと。


焼いも屋さんにしてはユニークな車で営業しています。


荷台には焼いもを焼く機材が載っているため、雨の日は営業できないそうです。

そして気になる『伝説のやきいも』とは、さつまいもを使った焼いもではなく、さつまいもの原種といわれる種子島の安納地区でのみ作られ、毎年僅な収穫量が決められているという幻の芋『安納芋(あんのういも)』を使った焼いもだそうです。

自動車のドア部分に、その伝説たる所以が説明されていました。

こちらが安納芋(あんのういも)です。さつま芋より色が白っぽくて長さも短いです。

この安納芋(あんのういも)を使った焼いもは、さつま芋の焼いもよりも甘みがあって食感もネットリとした感じだそうです。常温でひと晩置いておくと、芋ようかんのような感じになるそうです。焼いものお値段は100g250円の計り売りです。

ひとつ買って食べてみました。中は見事な黄金色で、説明どおり非常に甘みがあってとろけるような食感でした。とても美味しかったです。

こちらは移動販売車ですが、元々新食感アイスクリームの店『雪花の郷(しぇーほあのさと)』さんにて販売しているものだそうです。そういえば最近焼いも販売のノボリを見ました。

普段は中央通り沿いにある『雪花の郷』さんでも購入することができます。

これからの季節、焼いもが美味しい季節ですね。

雪花の郷さんのサイト

■関連記事
 ・秋葉原に美味しい石焼きいもの店が登場 〜 銀座 いもっ娘 〜
 ・フワフワ感が不思議なアイス 〜 雪花の里 (しぇーほぁのさと) 秋葉原店 〜





Twitterに投稿
この記事についてTwitterでつぶやく





この記事へのコメント


 
 
 
 
※管理人が承認作業完了後に表示されます。関係ないものや誹謗中傷、内容がふさわしくないと判断したものは削除させていただきます。







秋葉原マップへのリンクはフリーです。
情報は記事作成時点のものですので、現在と違う場合がございます。
秋葉原マップに掲載されている写真の無断転載はご遠慮願います。
文章・画像の著作権は秋葉原マップまたはその提供者に属します。


サイトについて会社概要掲載希望広告掲載

Copyright ©2004-2013 秋葉原マップ株式会社 All Rights Reserved.
■秋葉原マップ表示
地図からお店選んで記事を選択できます。まずは見たいエリアをクリックして下さい。
エリアA −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、PCパーツ・中古PCショップ+メイドカフェが集まるディープゾーン エリアB −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、秋葉原UDXゾーン エリアC −昭和通りと秋葉原クロスフィールドの新開発ゾーン エリアD −大型家電・PCショップの電気街+メイドカフェゾーン エリアE −JR秋葉原駅を中心にラジオセンター、ラジオ会館の電気街口ゾーン エリアF −ヨドバシカメラとJR秋葉原駅の中央改札口〜昭和通り口の繁華街ゾーン
■ブログ内検索
■月別書庫
■秋葉原ショップリンク
■お問い合わせ
秋葉原マップについて

※現在は一時掲載を中断しております。

お問い合わせはメールにて
info@akibamap.net



情報蓄積型レビューコミュニティ zigsow(ジグソー)
ドスパラ
ソフマップ

■スポンサード リンク

■秋葉原関連ガイドブック

秋葉†無双 〜ドキッ★otakuだらけの秋葉原120%活用ガイド〜
妄想美少女三国志『真・恋姫†無双』のキャラクターがアキバの街を紹介

Akiba Days―秋葉原120%活用ガイド
秋葉原を楽しみ尽くすためのスポットを、ジャンル別に280店以上を紹介

るるぶ千代田区神田丸の内秋葉原
江戸情緒を感じる神田や趣味の街・秋葉原のオススメスポットなどを紹介。


その他秋葉原に関連する書籍を網羅したリストはこちら→秋葉原書籍リスト