TOP秋葉原地図秋葉原ショップリスト秋葉原ニュース秋葉原掲示板秋葉原書籍リスト

2007年03月25日

『蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾』先行販売イベント

かつて”国民機”と呼ばれたNECの往年の名機「PC-9801」をテーマにした書籍『蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾』がアスキーさんから3月26日に発売されます。その先行販売イベントとして、3/24(土)、25(日)に東京は秋葉原のラオックス ザ・コンピュータ館さんの店頭にて行なわれました。今回、日曜日のイベントの様子を拝見してきました。


この『蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾』という書籍は、1980年代に圧倒的シェアを誇り、”国民機”と呼ばれたNEC PC-9801の歴史、技術解説、ゲーム解説、開発秘話などを盛り込んだPC-9801の文化を紹介する「PC-9801ファンブック」だそうです。第1弾は3年前に発売され、その後3年間の間に新たな情報も加えての第2弾です。

編集に携わった桑原氏にお話しを伺ったところ、当時PC-9801に情熱を注いだキーパーソンのインタビューや、当時の月刊ASCII誌にも掲載できなかった情報なども満載だそうです。インターネットがなかった当時、僅かな情報を頼りにいろいろなことにチャレンジし続けたあの頃。現在の家電的なものとはまるで違い、あの熱かった時代、使うのが楽しかった時代を思い出して欲しいという思いがつまっているそうです。

会場のラオックス ザ・コン館さんの店頭に行くと、カウンターの上にはたくさんの書籍が並んでいました。オブジェとして、懐かしいPC-9801シリーズのキーボードが飾られています。



『蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾』はもちろんメインで山積みになっていましたが、『蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第1弾』やレトロシリーズの『みんながコレで燃えた! NEC8ビットパソコン PC-8001・PC-6001』『蘇るPC-8801伝説』などのシリーズも並んでいました。

なつかしのレトロシリーズPC書籍が合わせて並んでいました。
どれも気になる本です。

今回の『蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾』には、目玉として当時のPC-9801用ゲームがWindows上のエミュレーターで動くゲームが付録として付いていました。収録ゲームは以下の7本が入っています。

 ・WIZARDRY -BANE OF THE COSMIC FORGE-
 ・大戦略IV
 ・琥珀色の遺言 -藤堂龍之介探偵日記  西洋骨牌連続殺人事件-
 ・ティル・ナ・ノーグII -カオスの警鐘-
 ・Blue -Will to power-
 ・ZONE
 ・ハイウェイスター

今これらの昔のゲームを買おうと思っても買えませんし、これだけでもかなりお得です。今でも十分遊べるゲームです。会場では実際にゲームをWindowsマシンでデモしていました。



そして今回の先行販売イベントでは、発売日前にこの『蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾』が購入できてしまうという他に、購入時にくじを引いて当たりが出たら素晴らしい賞品が用意されていました。


1等は任天堂DS Liteが。その他にもオリジナルグッズがいろいろ。

くじに外れてしまっても、今回先行販売で購入した方にはもれなくオリジナルのマウスパットがもらえました。PC-9801をイメージしたオリジナルデザインです。以前のイベントの時のものも選択できました。

PC-9801のデザインをイメージしたものの他に、PC-9801やPC-8001の写真のものもありました。

イベントの方は、午前中は雨も降っていて人通りもまばらでしたが、雨がやんだ午後からは人通りも増え、前を通る人々から「おっ、懐かしい」という声が多数聞けました。やはり気になるのか、本を手にとって内容を確認したり、ゲームをやってみたりしていました。

PC-9801をよく知っているのは恐らく30代から40代が中心だと思います。その年代の人で秋葉原によく来る人にはこの本は無視できないようです。次々と本を手にとって、そのまま購入する方も結構いました。




前出の桑原氏に「買っていくのはやっぱり30代以上の人ばかりですか?」とお聞きしたところ、結構若い方も購入していますよ、とのこと。今の人はこの本を読んでどんな感じに受け取るんでしょうか。気になります。

PC-9801といえば当時の最高峰。PC-88シリーズでも手が届かなかった私には高値の花でした。今では当たり前ですが、ゲームで「漢字」を使えるのがとても羨ましかったです。ウィザードリーのキャラクターに漢字で名前を付けたかったのです。

社会人になって仕事でもPC-9801を使うことが多くなって1台購入しましたが、買ったのは”互換機”の方でした。結局、PC-9801というものには最後まで縁がなかったのですが(仕事では嫌というほど触ってきましたが)、この本を買いました。くじでなんと4等が当たり、バッジとボールペン、マウスパットをいただきました。ありがとうございます。

この書籍が一般の書店などに並ぶのは明日3月26日になります。第2弾の終わりの方には、もう第3弾の予告が載っていました。PC-9801に関する情報を大募集中だそうですので、もし情報をお持ちの方がいたらぜひご協力を。詳しくは書籍の巻末をご覧下さい。

「蘇るPC-9801伝説 永久保存版第2弾」紹介ページ −ASCIIさん

関連記事
コンピューターの総合デパート 〜 ラオックス ザ・コンピュータ館 〜




蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾


Twitterに投稿
この記事についてTwitterでつぶやく





この記事へのコメント


 
 
 
 
※管理人が承認作業完了後に表示されます。関係ないものや誹謗中傷、内容がふさわしくないと判断したものは削除させていただきます。







秋葉原マップへのリンクはフリーです。
情報は記事作成時点のものですので、現在と違う場合がございます。
秋葉原マップに掲載されている写真の無断転載はご遠慮願います。
文章・画像の著作権は秋葉原マップまたはその提供者に属します。


サイトについて会社概要掲載希望広告掲載

Copyright ©2004-2013 秋葉原マップ株式会社 All Rights Reserved.
■秋葉原マップ表示
地図からお店選んで記事を選択できます。まずは見たいエリアをクリックして下さい。
エリアA −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、PCパーツ・中古PCショップ+メイドカフェが集まるディープゾーン エリアB −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、秋葉原UDXゾーン エリアC −昭和通りと秋葉原クロスフィールドの新開発ゾーン エリアD −大型家電・PCショップの電気街+メイドカフェゾーン エリアE −JR秋葉原駅を中心にラジオセンター、ラジオ会館の電気街口ゾーン エリアF −ヨドバシカメラとJR秋葉原駅の中央改札口〜昭和通り口の繁華街ゾーン
■ブログ内検索
■月別書庫
■秋葉原ショップリンク
■お問い合わせ
秋葉原マップについて

※現在は一時掲載を中断しております。

お問い合わせはメールにて
info@akibamap.net



情報蓄積型レビューコミュニティ zigsow(ジグソー)
ドスパラ
ソフマップ

■スポンサード リンク

■秋葉原関連ガイドブック

秋葉†無双 〜ドキッ★otakuだらけの秋葉原120%活用ガイド〜
妄想美少女三国志『真・恋姫†無双』のキャラクターがアキバの街を紹介

Akiba Days―秋葉原120%活用ガイド
秋葉原を楽しみ尽くすためのスポットを、ジャンル別に280店以上を紹介

るるぶ千代田区神田丸の内秋葉原
江戸情緒を感じる神田や趣味の街・秋葉原のオススメスポットなどを紹介。


その他秋葉原に関連する書籍を網羅したリストはこちら→秋葉原書籍リスト