TOP秋葉原地図秋葉原ショップリスト秋葉原ニュース秋葉原掲示板秋葉原書籍リスト

2008年07月18日

8.16 アキプロ大地に立つ? −アキバプロレス (β版)

先日、秋葉原にてプロレスラーの菊タローさんが中心となって「アキバプロレス」立ち上げの記者発表会が行われました。文字通り秋葉原でプロレスを行うという団体の「アキバプロレス」さんが、8月16日秋葉原UDXのAKIBA_SQUAREにてプロレスの試合を行うと発表されました。


プロレスラーの菊タローさんは、昔秋葉原で働いていたこともあるそうで、今でも秋葉原には足しげく通っているというオタクを自認するプロレスラーだそうです。そしていつかはこの秋葉原でプロレスを行いたいという思いがずっとあったとのこと。

菊タローさんによると、今回「アキバプロレス」立ち上げにあたっては、デジタルコンテンツの企画・製作・販売・管理などを行っている株式会社キャビネットさん、映像関連のddt techさんの協力を得て、試合を行うことができることになったそうです。

また、キャビネットの田中社長はキャラクターなども用いているので、初めての人にも親しみやすいプロレスになっているとのこと。

はじめに、アキバプロレスについての説明を行った菊タローさん(左)とキャビネットの田中社長(右)。

続いて、アキバプロレスの選手の皆さんが入場。


がっしりと強そうなレスラーに混じって、ツッコミ所満載のキャラレスラーがいますね・・・。


左から酒井一圭さん、円華さん、アップルみゆきさん、おでん・カーンの4選手。

酒井さんはガオレンジャーのガオブラックの方だそうで、試合にも”本物の”ヒーローとして参加予定。円華さんは熱く激しいプロレスを見せたいという意気込みを、アップルみゆきさんは普段と違うコスチュームで登場予定。秋葉原名物、おでん・カーンは、かなり謎な部分がありますが、あの覆面?はかなり弱点なような気がします。一体どんな戦い方をするのか気になります。

8月16日は全5試合が行われる予定で、菊タローさんはキャラ系の楽しい試合だけでなく、何試合かは「これがプロレス」といったしっかりしたプロレスも見せたいとのこと。

こちらが「アキバプロレス」さんのポスター。
秋葉原には馴染みの深いということで、
写真ではなくイラストを使用。
イラストはファミ通でお馴染みのみずしな孝之氏。
これを見ると他にも「ダンボール肉マン」や
「電脳戦隊アキバV」などユニークなキャラレスラーも登場するようです。

このポスターを説明している時に取材陣より質問がありました。
「ポスターにみずしなさんのイラストと名前が入ってますが・・・」
菊タローさん曰く「みずしなさんには練習生として参加してもらう予定です。」とのこと。本人は知ってるんでしょうか?

プロレスと秋葉原をこよなく愛す菊タローさん。秋葉原でプロレスを行うことにより、この街に来た人が笑顔になれるようにという思いがあるようです。そしてアキバ系の人にプロレスの良さを、プロレス好きの人にアキバの良さを知ってもらいたいということです。まだβ版と付いていますが、これがうまくいけば定期的に興業を行っていきたいそうです。

プロレスは「キン肉マン」しかしらない人も、「アキバプロレス」ならとっつきやすそうですね。


最後に集合写真を撮影。

実は「アキバプロレス」は表の顔で、裏では秋葉原の正義を守る秘密結社という噂も・・・。

■イベント概要
開催日時:2008年8月16日 OPEN 17:00、START 18:00
試合会場:秋葉原UDXビル2F AKIBA_SQUARE
入場料:テラシート 5,000円、ギガシート 4,000円、
     メガシート 3,000円(自由席)、キロバイト 3,000円(当日のみ、立ち見)
チケットぴあ、ローソンチケット、後楽園ホール、都内プロレスショップ他でチケット発売中


菊タローさんのブログ「菊タローの日々」

関連リンク
株式会社キャビネットさんのサイト
ddt techさんのサイト






Twitterに投稿
この記事についてTwitterでつぶやく





この記事へのコメント


 
 
 
 
※管理人が承認作業完了後に表示されます。関係ないものや誹謗中傷、内容がふさわしくないと判断したものは削除させていただきます。







秋葉原マップへのリンクはフリーです。
情報は記事作成時点のものですので、現在と違う場合がございます。
秋葉原マップに掲載されている写真の無断転載はご遠慮願います。
文章・画像の著作権は秋葉原マップまたはその提供者に属します。


サイトについて会社概要掲載希望広告掲載

Copyright ©2004-2013 秋葉原マップ株式会社 All Rights Reserved.
■秋葉原マップ表示
地図からお店選んで記事を選択できます。まずは見たいエリアをクリックして下さい。
エリアA −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、PCパーツ・中古PCショップ+メイドカフェが集まるディープゾーン エリアB −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、秋葉原UDXゾーン エリアC −昭和通りと秋葉原クロスフィールドの新開発ゾーン エリアD −大型家電・PCショップの電気街+メイドカフェゾーン エリアE −JR秋葉原駅を中心にラジオセンター、ラジオ会館の電気街口ゾーン エリアF −ヨドバシカメラとJR秋葉原駅の中央改札口〜昭和通り口の繁華街ゾーン
■ブログ内検索
■月別書庫
■秋葉原ショップリンク
■お問い合わせ
秋葉原マップについて

※現在は一時掲載を中断しております。

お問い合わせはメールにて
info@akibamap.net



情報蓄積型レビューコミュニティ zigsow(ジグソー)
ドスパラ
ソフマップ

■スポンサード リンク

■秋葉原関連ガイドブック

秋葉†無双 〜ドキッ★otakuだらけの秋葉原120%活用ガイド〜
妄想美少女三国志『真・恋姫†無双』のキャラクターがアキバの街を紹介

Akiba Days―秋葉原120%活用ガイド
秋葉原を楽しみ尽くすためのスポットを、ジャンル別に280店以上を紹介

るるぶ千代田区神田丸の内秋葉原
江戸情緒を感じる神田や趣味の街・秋葉原のオススメスポットなどを紹介。


その他秋葉原に関連する書籍を網羅したリストはこちら→秋葉原書籍リスト