TOP秋葉原地図秋葉原ショップリスト秋葉原ニュース秋葉原掲示板秋葉原書籍リスト

2009年03月09日

Nikon UP×DRAGONBALL EVOLUTION@AKIBA 【レポート】

Nikon UP×DRAGONBALL EVOLUTION@AKIBA 【レポート】3月8日(日)、秋葉原UDX4階の東京フードシアター5+1さんにてニコンさんのヘッドフォン型マルチプレーヤー「UP(ユーピー)」と、3月13日公開の映画「DRAGONBALL EVOLUTION」のコラボレーションイベントが開催されました。UPを使って秋葉原の街を探索するゲームでは、マルチタレントの落合祐里香さんやドラゴンボールのコスプレイヤーさんも登場しました。


今回のイベント「UP×DRAGONBALL EVOLUTION@AKIBA」は、ドラゴンボールに出てくるスカウターの様な形状をしたニコンさんのマルチメディア端末「UP(ユーピー)」を用いて、3月13日より公開されるドラゴンボールのハリウッド実写版映画「DRAGONBALL EVOLUTION」とのコラボレーションによるイベントです。

 >ニコン UP(ユーピー)とは?
 >映画DRAGONBALL EVOLUTIONとは?
  (※どちらも音がでます)

会場となったのは秋葉原UDXビル4階の「東京フードシアター5+1」さん。この日は「UP×DRAGONBALL EVOLUTION CAFE」として、UPを実際に体験できるカフェとして限定オープンしていました。

イベントはUPを持っている人向けの「ゲームA:ドラゴンボールの謎を解け!」と、UPを持ってない方でも一般参加できる「ゲームB:コスプレイヤーを探せ!」の2種類のゲームを実施。参加できない方向けにレポーターさんが実況するインターネットリアルタイム放送も行われました。

ゲーム開始の前にお笑い芸人の「オリエンタルラジオ」さんのトークショーも行われたようですが、今回はゲームイベントの方を拝見してきましたので、レポートさせていただきます。



イベント会場の東京フードシアター5+1さん。この日は「UP×DRAGONBALL EVOLUTION CAFE」に。

ゲーム開始はゲームA・ゲームB共に13時からスタート。ゲームAの方はスタート前に持参したUPに指令映像をダウンロードしていました。


設置されたPCでUPにデータをダウンロード(左)。ゲーム開始を待つ参加者の方々(右)。

受付を済ませた参加者を誘導していたドラゴンボールコスプレのスタッフさん。

カフェの中には、UPを実際に体験できるデモ機が2台設置されていました。
ドラゴンボールのスカウターのように片目でモニターを見ます。結構鮮明に見えてちょっと感動。
音楽機能はもちろん、無線LAN機能なども搭載したすごいマルチメディア端末です。

そしてゲームスタート開始時間になり、参加者の方々に今回のゲームの説明が行われました。MCはJ-WAVEでおなじみのオーウェン真樹さん。そして特別ゲストとして、声優でありマルチタレントの落合祐里香さんが登場しました。


オーウェン真樹さんと落合祐里香さん。

ゲームA「ドラゴンボールの謎を解け!」はストーリー仕立てになっていて、スクリーンに映し出された映像を見て進んでいきました。ドラゴンボールの研究をしていたDr.クーシンサイが何者かに襲われて消息を絶ってしまい、助手の落合祐里香さんに秋葉原の各スポットに散らばる謎を解くよう助けを求めます。しかし助手の落合祐里香さんは方向音痴(という設定)なので、ゲーム参加者が一緒に謎を解く、という内容です。


助手の姿で再登場の落合祐里香さん(左)。スクリーンの映像を使ったゲーム仕立てになっていました(右)。

今回のイベントはひとつのイベントスペース内だけに留まらず、秋葉原の街を使ったウォークラリー形式になっていました。ゲームA「ドラゴンボールの謎を解け!」では、UPを装着した参加者がDr.クーシンサイから送られた指令映像をヒントに、秋葉原に5つあるポイントを探し出し謎解きに挑戦します。すべてをクリアして制限時間内にイベント会場に戻ります。

一般参加のゲームB「コスプレイヤーを探せ!」の方は、同じく秋葉原の5つのポイントにいるドラゴンボールのコスプレイヤーさんを探し出し、写真を撮って制限時間内にイベント会場へ戻ってきます。

見事クリアしてゴールした方には素敵な賞品も用意されているとのことで、ゲーム開始と共に参加者のみなさんは秋葉原の街に飛び出していきました。

このイベントの様子はレポーターさんが秋葉原の各ポイントを回り、インターネット放送のスティッカムを使ってライブ配信されていました。

私も各ポイントを回ってみました。

東京アニメセンター


3D-GAN


ラジオ会館


live park in AKIBA


カフェソラーレ リナックスカフェ


コスプレイヤーさんはその時々で違ったようです。
誰が何のキャラかわかったでしょうか?

この日は頭にスカウターのようなUPを付けた人が、秋葉原の街を何人も歩いているのを見て「おやっ?」って思った方も多いかもしれませんね。

制限時間になりゲーム参加者のみなさんがイベント会場に戻ってきたら、表彰式が行われました。クイズの正解率や設定されたベストタイムとの誤差などで上位入賞者が表彰されました。また、ラッキーセブンの7位など特別賞も。


Dr.クーシンサイの謎も無事解決し、最後の表彰式に。

最後に今回参加してくれたコスプレイヤーさんの紹介がありました。
コスプレイヤーさんが全員集合しての紹介の後、オーウェン真樹さんと落合祐里香さんと一緒にフォトセッションが行われました。




コスプレイヤーのみなさん、かなり凝ってます。

今回のイベントは秋葉原の各スポットを回るというものでしたが、これまでよくあったスタンプラリーとは違って最新のデジタル機器を使った所が秋葉原らしいと思いました。そして以前からウェアラブルPCとかって構想だけで全然出てこないんですが、このNikonさんのUPはかなり近づいたんじゃないでしょうか。非常に面白いアイテムです。

ちなみに、Dr.クーシンサイの謎は何だったのか?というと、「20090313JPN」というキーワードが現れました。

つまりこれ↓です。


英語版


UP -MEDIA PORT- by Nikon (音が出ます)
映画「DRAGONBALL EVOLUTION」オフィシャルサイト (音が出ます)

関連リンク
東京フードシアター 5+1さんのサイト
落合祐里香さんのオフィシャルウェブサイト
オーウェン真樹さんのオフィシャルブログ「Owen真樹の何となく、ぶろぐ。」






Twitterに投稿
この記事についてTwitterでつぶやく





この記事へのコメント


 
 
 
 
※管理人が承認作業完了後に表示されます。関係ないものや誹謗中傷、内容がふさわしくないと判断したものは削除させていただきます。







秋葉原マップへのリンクはフリーです。
情報は記事作成時点のものですので、現在と違う場合がございます。
秋葉原マップに掲載されている写真の無断転載はご遠慮願います。
文章・画像の著作権は秋葉原マップまたはその提供者に属します。


サイトについて会社概要掲載希望広告掲載

Copyright ©2004-2013 秋葉原マップ株式会社 All Rights Reserved.
■秋葉原マップ表示
地図からお店選んで記事を選択できます。まずは見たいエリアをクリックして下さい。
エリアA −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、PCパーツ・中古PCショップ+メイドカフェが集まるディープゾーン エリアB −中央通りに面するゲーム・ホビーショップと、秋葉原UDXゾーン エリアC −昭和通りと秋葉原クロスフィールドの新開発ゾーン エリアD −大型家電・PCショップの電気街+メイドカフェゾーン エリアE −JR秋葉原駅を中心にラジオセンター、ラジオ会館の電気街口ゾーン エリアF −ヨドバシカメラとJR秋葉原駅の中央改札口〜昭和通り口の繁華街ゾーン
■ブログ内検索
■月別書庫
■秋葉原ショップリンク
■お問い合わせ
秋葉原マップについて

※現在は一時掲載を中断しております。

お問い合わせはメールにて
info@akibamap.net



情報蓄積型レビューコミュニティ zigsow(ジグソー)
ドスパラ
ソフマップ

■スポンサード リンク

■秋葉原関連ガイドブック

秋葉†無双 〜ドキッ★otakuだらけの秋葉原120%活用ガイド〜
妄想美少女三国志『真・恋姫†無双』のキャラクターがアキバの街を紹介

Akiba Days―秋葉原120%活用ガイド
秋葉原を楽しみ尽くすためのスポットを、ジャンル別に280店以上を紹介

るるぶ千代田区神田丸の内秋葉原
江戸情緒を感じる神田や趣味の街・秋葉原のオススメスポットなどを紹介。


その他秋葉原に関連する書籍を網羅したリストはこちら→秋葉原書籍リスト